{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【ゴールドオーナー】日本ミツバチ巣箱オーナー募集

¥100,000 税込

送料についてはこちら

あなたも日本ミツバチの“巣箱オーナー”になって 希少なハチミツの新しい名産地を作りませんか? 私たちが毎日食べている野菜や果物の実りに、 実はミツバチが重要な役割を果たしていることを みなさんはご存じでしたか? ミツバチは自分たちのために花の蜜を集めるだけでなく、 私たちの食卓に欠かせない野菜や果物を栽培する農業の現場で 果実を実らせるための「受粉」を行ってくれています。 実際「世界の食料の9割を占める100種類の作物のうち、 7割はハチが媒介して受粉している」という調査結果もあり、 ミツバチをはじめとする生物がもたらす経済的利益は、 全世界で最大66兆円にものぼるとも言われています。 そのミツバチが、いま世界中で数を減らしている…… そう聞いたらあなたはどう思いますか? 原因はさまざまでひとつに特定することはできませんが、 日本各地で起きているミツバチの大量死や巣の異変について 最も影響が大きいと言われているのが農薬の使用です。 もしもこの世界からミツバチがいなくなってしまったら…… ハチミツがとれなくなる、多くの野菜や果物が育たなくなる といった直接的な被害が容易に想像され、 SDGsが掲げる「15陸の豊かさも守ろう」を筆頭に、 複数の目標からも大いに反することでしょう。 また一説では乳製品が消えたり、綿製品がなくなったり、 その結果として食物の値段が高騰、栄養不良や飢饉が起こり、 世界経済が破綻に追い込まれる……という 私たちにとって最悪のシナリオも予想されているのです。 それを食い止めるには、いま行動を起こすしかありません。 とりわけ日本列島に野生する“在来種”の『日本ミツバチ』は、 外来種の西洋ミツバチに比べてデリケートな性質で、 有害なスズメバチと混同されて駆除される災難も多いそうです。 また日本ミツバチは養蜂家でも安定した飼育が難しく、 採蜜回数は年に1回程度、1回に摂れる採蜜量も少ないため、 その価値は西洋ミツバチの5~10倍とも言われています。 そんな日本ミツバチを救えるのは、日本に住む私たちだけです。 みなさんもぜひ巣箱オーナーになって日本ミツバチを救い、 希少価値の高いハチミツや野菜・果物などの副産物を生み出す 新しい名産地をともに育んでいただけたら幸いです。 山梨県の小菅村と白州に広がる自然豊かな『みんなの養蜂場』で、 いっさい農薬にふれることのない安心安全な環境のもと みなさんと一緒においしいハチミツを採取できることを 私たち鈴木家一同、心より楽しみにしております! 【ゴールドオーナー】 ・1口 100,000円(税別) ・プレミアムハチミツ(8,888円 税別)4瓶 ・申込み特典としてミツバチの受粉した野菜 ・収穫体験などご招待(交通費は自費) ・白州「AIRSTREAM RESORT®『HAKUSHU BASE』」宿泊(平日1泊)ご優待 ※プレミアムハチミツは桐箱入りとなり『贈答品』としてもご利用いただけます。 ※特典の品(ハチミツ、野菜)は年2回に分けてお送りいたします。 ※日本ミツバチ巣箱オーナーは1年間の有効期限となります。更新のお申し込みは再度フォームにてお願いしております。 【巣箱設置場所】 山梨県小菅村/山梨県北杜市白州 アクセス ①山梨県小菅村:〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村3170番地 https://goo.gl/maps/hjfv8cVYkRYp7L3L6 ②山梨県北杜市白州:〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須8292−3 https://goo.gl/maps/jjTWBeX1fbVo2yD79

セール中のアイテム